自由で豊かなライフスタイルの提案

北海道富良野市の郊外で古民家をリノベーションして私たちの目指す場所を創りました。カフェや自家菜園、関連事業のゲストハウス、周囲に広がるワインブドウ畑を通して、自由で豊かなライフスタイルの提案を行っています。

GoryoPlanning

事業内容

Main Project

cafeゴリョウ -飲食事業-

傾いていた納屋を大工さんに教えてもらいながら自分達でコツコツ修理してカフェを作りました。元のイメージを大切にしたかったので多少荒い内装となっておりますが、昔の富良野の雰囲気をお楽しみください。カフェでは自家菜園や近隣農家の野菜を主に使い、世界中から選りすぐりのフード、ドリンクを提供しています。

ひとつひとつを大切に

自分たちでリノベーションした店舗、自家栽培の野菜、自家製パン、自家焙煎のコーヒーetc...、建物から食材まで、できる限り手作りを大切にしたカフェは開業から10年以上がたち、日本中、そして世界各地からお客様が訪れるようになりました。
 
website -cafeゴリョウ-

cafegoryo

Sub Project

ゴリョウゲストハウス -宿泊事業(関連事業)-

築90年の古民家を自分たちで改装してゲストハウスを作りました。季節ごとに変わる景色を見ながらゆったりとした時間をお過ごしください。
素敵な場所に遊びに行く、一日中好きな本を読む、カフェでお食事、キッチンで料理を作る、出会った仲間と語り合う。時間の使い方や楽しみ方は自由です。
dormitoryroom

自由な旅のスタイルを提案

日本のゲストハウスの黎明期、2011年に誕生した、全2室、合計12ベッドのドミトリー形式の宿泊施設です。季節に応じて変わる自然を眺めながら楽しいひと時をお過ごしください。各部屋ともベッドには読書灯とコンセントを備え付けています。フカフカの羽毛布団でお休み頂けます。
素泊まりですが自由に使えるキッチンがあります。また、併設のカフェの営業中はお食事も可能です。
 
website -ゴリョウゲストハウス-

Sub Project

ファームゴリョウ -農産事業(関連事業)-

多くの地域で当たり前ではなくなった「食べるものを自由に作る」ことをテーマに、カフェ事業の食材を自給する自家菜園と出荷用のワインブドウの栽培を行っています。

自家菜園

約400坪の自家菜園ではカフェで扱う野菜やベリー類を栽培しており、シーズン中はできる限り無農薬、有機肥料で育てた新鮮な食材を提供しています。また、カシスやハスカップ、ルバーブなどスイーツやジャムで使う果実類は年間を通じてその殆どを自家栽培で賄っています。

ワインブドウ栽培

施設の周囲に広がる約2ヘクタールの畑ではワインブドウの栽培を行っています。現在、セイベル13053、セイベル5279、ツバイゲルトレーベ、ふらの2号の4品種、合計2500本を栽培しており、秋に収穫されたブドウは富良野市が運営する「ふらのワイン」に出荷され美味しいワインになります。

vineyards

Instagram Gallery

Company Overview

会社概要

会社名  合同会社ゴリョウプランニング
                (英語表記:Goryo Planning LLC)
所在地  〒076-0015 北海道富良野市上御料
代表者  澤井雅樹
創業   2008年12月
設立   2020年1月
資本金  1,500,000円
事業内容 飲食事業 宿泊事業 農産事業(関連事業含む)

沿革

2008年12月 北海道富良野市上御料に飲食店「cafeゴリョウ」を開業
2011年7月   同地に簡易宿泊所「ゴリョウゲストハウス」を開業
2013年1月   コーヒー焙煎機を導入
2017年5月   同地にてワインブドウの栽培を開始
2018年4月   cafeゴリョウを増床、厨房設備更新
2018年12月 開業10周年
2019年9月   ワインブドウ出荷を開始
2020年1月   飲食事業を法人化「合同会社ゴリョウプランニング」設立 

Scroll